イベント

2017/10/30 民泊実務スキルアップ早わかりセミナー

民泊実務スキルアップ早わかりセミナー「不動産事業者、民泊ビジネスの参入方法」(2017/10/30 19:00 LEC渋谷駅前本校)では、民泊とは?から、不動産事業者が民泊市場に参入する優位性、運営でキモとなる6つのポイント(物件調達・物件設営・広告・多言語対応・清掃・設備管理)などを説明します。
イベント

2017/10/23 民泊実務スキルアップ早わかりセミナー

民泊実務スキルアップ早わかりセミナー「民泊って儲かるの?費用と利益を(秘)公開!」(2017/10/23 19:00 LEC渋谷駅前本校)では、実際にあった問題、ゲストとの交流、マンション管理組合との関係など、これから民泊に参入する初心者が気になるところからすでに民泊を初めているが、稼働が悪くどうして良いかわからない人向けへの対策を徹底的に解説いたします。
プレスリリース

「民泊適正管理主任者」資格が法務大臣認証ADR調停人の基礎資格に。

<プレスリリース>「民泊適正管理主任者」の資格が、「民泊物件の運用・管理」の分野において、調停人候補者の基礎資格として認定されました。
お知らせ

民泊新法と不動産会社の関わり早わかり解説

最も需要が見込める民泊ビジネス参入のための基礎知識。民泊新法と不動産会社の関わりを解説します。
お知らせ

違法民泊摘発事例

違法民泊の摘発事例として次の事件を解説します。2014年5月 足立区英国籍男逮捕事件、2015年11月 京都マンション民泊業者逮捕(書類送検)事件、2016年4月 大阪市書類送検(書類送検)事件、2016年7月 東京台東区民泊無許可営業事件。
お知らせ

なぜ、違法民泊が放置されているのか

現在行なわれている民泊は、旅館業法の違反の可能性が高く違法であるケースが多いにも関わらず、民泊ビジネスが放置されているのはなぜか。それは、実際問題として新規登録に摘発が追いつかないからです。
お知らせ

「住宅宿泊事業法」(民泊新法)の内容を解説

民泊事業を実施する場合の一定のルールを定めた「住宅宿泊事業法案」が2017年3月10日、閣議決定されました。注目の年間営業日数の上限は180泊とし、地方自治体が条例で短くできる規定が盛り込まれました。
お知らせ

「住宅宿泊事業法」(民泊新法)実施までの大まかなスケジュール

2017年6月1日 衆院本会議で採択された「住宅宿泊事業法」(民泊新法)実施までの大まかなスケジュールをご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました